主な歯科治療

歯医者にかかる理由としては、「虫歯」「歯の矯正」のほかに「歯周病」という状態があります。歯周病とは、現在では歯磨きメーカーのCMなどですっかり言葉として定着しましたが、歯茎が腫れて出血などを伴うようになってしまった状態のことを言います。歯周病の原因は、歯磨きを怠って生活をしていたことが一番ですが、ほかにもストレスや喫煙などの外的要因によっても引き起こされます。
歯医者で歯周病のケアをしてもらうときに重要なのが、歯周病の治療を適切に行なってくれるかどうかということと、治療後再び悪化しないように適切な指導をしてくれるかどうかです。一般的な傾向として、昔から長く営業している歯医者であるほど、現在どのような治療をしていて、どのようにしてゆくのが良い方法なのかをあまり説明してくれないという傾向があるようです。
しかしながら現代では歯科医師は過剰な状態にあるので、そのような歯医者は自然淘汰されていくことが予想されます。歯医者を選ぶときには、治療に関してきちんと説明をしてくれるところを選び、気になるときには次回からすぐ診療所を変更するくらいの姿勢が必要です。昔ながらの歯科医師の場合、歯科は命にかかわるようなことではないため、あまり深刻に考えていない場合が多いのです。
歯周病に限らず私たちは医師の診断を受けるときには、それを途中で止めるとどんなリスクがあるのかなどきちんと説明をがされていなくてはいけません。また歯周病はほうっておくと他に大きな病気の原因にもなります。
歯科の増患・集患方法