実に様々なものが登場しているiPadのアプリ。
ビジネスの場で活用されているアプリも多く、カタログアプリなどは、数々のショップや店舗で使われているそうです。
商品情報の管理や接客の際サポートに広く利用されているとのことですが、店舗側の人だけでなく、顧客側でも商品を選んだり、店舗マップを確認出来たりするのだとか。
これは、iPadアプリならではのメリットの一つだと思います。
さらにiPad カタログの魅力はそれらに留まらず、集計データをCSVダウンロード可能であったり、オフライン環境であってもカタログとして用いることもOK。
また、データの共有にも紙材を必要としないので、印刷にかかるコストカットも望めます。
充実の機能で各シーンでの効率化が実現する同アプリ。
スムーズな接客・商品管理を考えるなら、導入の検討をお勧めします。